アクセサリー買取と付属品の関係とは

アクセサリーを買取してもらうなら、できるだけ高い値段をつけてもらいたいですね。買取価格をアップさせるためのポイントは何かというと、付属品の有無です。アクセサリーの付属品とは、そのアクセサリーを購入したときの箱や保証書といったものです。その理由はなんでしょうか? まず、箱はブランドの証明にもなりますね。あなたがアクセサリーを買うときに、ブランド/メーカーの箱がついているものとついていないもの、どちらが欲しいかイメージしてみていただければ、その理由は明らかだと思います。 それからもうひとつ大切なのは、保証書です。保証書がなぜ大事なのかについて簡単にご説明しましょう。保証書があれば、その宝石やアクセサリーの価値が明確にわかります。反対に、保証書がなければ価値の判断はアクセサリー買取業者の鑑定士の腕次第ということになります。鑑定士が価値を低く見積もってしまって損をするおそれがありますので、保証書がある方が良いです。 以上の理由から、アクセサリー買取の際には付属品も一緒に出す方が査定額アップの可能性があります。付属品を明確に捨ててしまった記憶があるのであれば仕方ありませんが、「捨てた覚えはないけれど、買取してもらいたいアクセサリーの箱や保証書が見つからないなあ」という場合は、諦めてはいけません。箱が他のアクセサリーと入れ違いになっていたりしないか、保証書だけ引き出しの奥にはさまっていたりしないか、アクセサリー買取を依頼する前に、今一度探してみましょう。